男性

万が一の場合に備えてデータ復旧業者との契約を検討しよう

情報の管理・共有を便利に

複数のディスク

ネット上にファイルを保管

パソコンなどの情報端末機器で作成された文書や画像などのデータは、通常であればその端末のハードディスク内にあるファイルフォルダに保管されます。そしてそのファイルは、LANネットワークで互いに接続されていたりしない限りは別の端末から開くことはできません。このことは安全な情報管理という面から見ればメリットとなりますが、一方で不便さも生じます。たとえば会社のパソコンで作った資料を外出先で急にチェックする必要が生まれたとしても、ファイルにアクセスできないからです。こうした課題に対するソリューションとなるのが、オンラインストレージの利用です。オンラインストレージはインターネット上のクラウドスペースにファイルを保存することにより、ネットに接続できる環境さえあればいつでもどの端末からでもファイルを閲覧したり、内容を更新したりすることができるシステムです。

セキュリティも向上する

オンラインストレージは、専門の事業者からディスクスペースを借り受けることによって構築できます。個人・法人のいずれでも利用することができ、個人ならたとえば職場と自宅の両方から、法人なら各メンバーが使用する複数の端末からそれぞれアクセスするといった利用法を想定しています。特に法人の場合はビジネス上の機密情報を扱うことが多いため、USBメモリなどの外部記録メディアの紛失による情報漏えいといった事態を防ぐのにオンラインストレージは非常に適しています。またアクセス権限を法人の部単位・課単位・管理職のみなど細かく設定することで、適切な情報管理体制を実現することができます。近年は事業者間の競争により利用料金も下がってきており、今後は一層利用者が増加するものと考えられています。

Copyright © 2016 万が一の場合に備えてデータ復旧業者との契約を検討しよう All Rights Reserved.