男性

万が一の場合に備えてデータ復旧業者との契約を検討しよう

大容量ファイルを送る方法

ネットワーク

大容量ファイルの共有問題

業務にコンピュータを使用するのが当然となっている昨今、企業が扱う情報は大容量化の一途をたどっています。多くの企業は地理的に離れた地点に支店や子会社・関連会社などを持っているものです。国内ばかりでなく海外に拠点を持つ企業も少なくありません。業務提携先や顧客との間でデータ受け渡しが必要となるケースも想定されます。そうした場合には、大容量ファイルをいかに効率よく転送するかが問題となります。電子メールの添付ファイルに大容量データは不向きです。かと言ってDVDやUSBメモリといった記録メディアを郵送するのもスムーズな方法とは言えません。無料のオンラインストレージにファイルをアップロードして共有する方法にも問題があります。セキュリティの点で不安のある無料サービスは、社員に利用を禁止している企業が大半なのです。そうした企業は有料の法人向けファイル転送サービスを利用するといいでしょう。これは電子メールの添付ファイルと違って、GB単位のファイルでも一度に高速転送することが可能なサービスです。異なるOSプラットフォーム間でも大容量ファイル転送を実現させる仕組みが、ITベンダーによって開発されたのです。

利便性とセキュリティ両立

法人向けファイル転送サービスには大きく分けて2種類があります。自社にサーバーを置く方式とクラウド上のサーバーを利用する方式です。前者は初期導入コストや管理コストもかかりますが、完全な自社管理下での運用カスタマイズが可能になります。後者は安い初期費用で導入できる上に、管理コストの面でも有利です。ファイル転送サービスは基本的に1対1でファイルを送ります。そのため配信管理情報や集信管理情報を厳重に設定し、セキュリティを高めています。ウィルスチェック機能やSSLによる暗号化通信、パスワード管理などはほとんどのファイル転送サービスで実装されています。堅牢なセキュリティの下で安全なファイル転送が実現できるようになったことから、導入する企業が今後も増えるものと予測されます。法人向けファイル転送サービスの中でも、ブラウザ上で手軽に操作できるタイプの人気が高まっています。その一方、専用ソフトを使うサービスはより高度な管理機能を備えています。複数ファイルの一括配信や複数拠点への一斉配信など、メールソフト並みの高機能プランもあるのです。データウェアハウスなど既存システムとの連携強化も普及拡大を促しています。

Copyright © 2016 万が一の場合に備えてデータ復旧業者との契約を検討しよう All Rights Reserved.